2017.11.17 Friday

[世話]の質

理容部部長 片山誠二

日増しに朝夕が冷え込む季節となりました。風邪予防は、完璧ですか?

「鼻をほじりたいなら手を洗え!」手洗い・うがい、これが一番のようです。

今回は、改めて我々の業種、業態にふれて見ようと思います。

我々の仕事は?売り物は?何でしょうか?カット・シャンプー・カラー・パーマ…

などなど、磨き上げた技術を提供させていただいています。

お客様が日々の生活の中で、幸せになれるように、お手伝いをさせていただいています。

私達ができる技術の範囲で、お客様を「お世話」しています。

その「世話」には、それ相当の「実力」が伴わなければなりません。なぜならその

「世話」に対して、私達は報酬をいただいているからです。

素人に毛の生えた程度では、話にならないのです。お金を頂戴してはいけないのです。

お客様に、我々の世話の価値を認めていただき、心からの「ありがとう」をいただく

そのためには、何が何でも「世話」の実力をつけることが一番大切です。

誰にも負けない努力を続けて、一にも二にも「世話」のパワーアップをすることが、

必要です。その実力の根源は「人」であり、量ではなく質なのです。

皆さん一人ひとりの「実力」なのです。

パワフルでしかも美しい、ビューティフルな「世話」を身につけましょう。

私達のような最初から最後まで、お客様に付き添う「世話業」は、「心行きとどいたていねいな世話」でなければならないのです。「お粗末・いい加減」では、絶対に許されないのです。

「まけろ!」と、値切られるような「いい加減な世話」

「ありがとう」がいただける「感謝される世話」、どちらの道を突き進みますか?

もちろん決まってますね。

実力なくして世話業なし!!! 

まずは、丁寧な挨拶から。。。