Jessica NISHINOMIYA


2017.10.04 Wednesday

指先も美しく☆★

こんにちは~~Jessica西宮店レセプションのナガイです

最近少しづつ寒くなってきましたね。。。特に朝と夜が寒すぎます(*_*)

皆様、体調など崩さないようお気をつけくださいませ。

そんな寒さと一緒に現れるのが乾燥です・・・!

髪や顔も乾燥しますが、私が今1番影響を受けているのが指先です(>□<)!!

ささくれがひどいです。。。

指先は意外と人に見られているパーツだと思うので・・・ケアしなければ!!

私みたいに、ささくれや爪の乾燥が気になる方にオススメなのがこちらのネイルオイルです☆

ネイルオイルとは・・・爪の根元部分にある甘皮(キューテクル)を保湿し、

乾燥を防ぐことを目的にした爪用化粧品のことです(^▽^)/

乾燥しがちで保湿のお手入れが行き届きにくい爪の根元にも、すっーとなじんで油分でカバーしてうるおいを保つことができるのです♪

日常的にネイルオイルを使うことで、爪にうるおいを与えることができます。

冬など乾燥しがちな季節や水仕事が多いなど、ささくれが気になる方にもオススメのアイテムです。

ネイルオイルは塗ることにより乾燥を防ぐことができますが、少し手をかけたお手入れで、

より効果的に美しい指先を保つことができます☆★

ではここからネイルオイルの正しい使い方を伝授したいと思いますo(>▽<)o

☆まずはネイルオイルを使う前に気をつけたいこと☆

・ネイルオイルは清潔な手に使用する。

ネイルオイルを使うときは、手を洗って清潔な状態にしてから使いましょう。

余分な油部や汚れのない状態の指先にネイルオイルを使うことで、しっかりと爪の甘皮(キューテクル)を保湿することができます。

・ネイルオイルはハンドクリームを塗る前に使う。

ハンドクリームを塗ったあとにネイルオイルを使うと、ハンドクリームの油分にはじかれ、ネイルオイルが指先になじみにくくなってしまいます。

ハンドクリームを使う際は、ネイルオイルを塗ってから使用するようにしましょう。

・マニキュアやジェルネイルを塗ったあとに使う。

マニキュアやジェルネイルが乾いたあとに、ネイルオイルを使いましょう。

マニキュアやジェルネイルの前にネイルオイルを使うと、油分によりネイルがなじみにくくなり、もちの良さに影響を与えることがあります。

☆ネイルオイルの使う手順☆

爪の甘皮(キューテクル)に沿って片手づつ、ネイルオイルをのせます。

オイルをのせた部分を指の腹でくるくるとマッサージします。

このとき、爪の甘皮(キューテクル)にしっかりオイルをまじませることをイメージしてマッサージすると良い感じです♪

爪の左右の部分にも、ネイルオイルをなじませて完了です。

手を洗ったときやお風呂上り、乾燥が気になったときに使うのが効果的です☆

また、寝ているあいだは水分が奪われやすいと言われ、爪も乾燥しがちです。

寝る前にしっかり爪のまわりや甘皮にネイルオイルをなじませて、やさしくマッサージしてあげると◎

これで美しい指先に