2017.03.02 Thursday

冬場は髪や頭皮が傷みやすい?

 

綺麗な髪メンズ1
冬場には乾燥によるダメージで髪と頭皮のどちらも傷みやすいです(o゜д゜)
頭皮にとっては、かゆみやフケに最も繋がりやすい原因とも言えます。

かゆみやフケを少しでも抑えたくて綺麗に洗おうと意識してしまいがちですが逆効果に働くことがよくあります∑(゜Д゜ )
むしろそういう時こそ摩擦による炎症なんかを気にして、優しく洗う気持ちを持ちましょう!
かゆくてもかかないことが大事です!

有効な対策

シャンプー
①シャンプーを見直す。
シャンプーの洗浄力が強いからと言って頭皮が綺麗に保てるかと言うと、さほど関係ありません。それよりもまんべんなく頭皮全体を洗えているか。過剰に掻きすぎていないか。など正しいシャンプーのやり方をプロに聞いてみましょう!

doraiya-
②ドライヤーの使い方を聞く。
意外と奥が深いドライヤー(´・3・`)。
髪はダメージがあると特に熱に弱くなっています。そういう時はトリートメントを使ってあげましょう。熱と摩擦は毎日起こる髪のストレスです。
しかし、自然乾燥はやめましょう└(゜゜;)┘
髪は濡れている時が一番傷つきやすくなっています。
髪が濡れている状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌は、ニオイやかゆみの元です(´;д;`)
髪には常在菌が潜んでいるため髪は濡れた状態だと菌が繁殖してしまい、臭いの原因になります!!

また、濡れた髪は、キューティクルが開いたままになっています。「キューティクル」とは、髪の表面を覆っている魚のうろこ状の組織を指します。
開いた状態のキューティクルは、はがれ落ちやすく、またブラッシングなどで簡単に傷つきます。ツヤのあるキレイな髪は、このキューティクルもキレイで傷んでいません。
「髪が濡れている時間」=「キューティクルが開いている時間」ですので、ドライヤーに比べ自然乾燥だと、キューティクルが傷む危険に長時間さらされる結果となります。

睡眠
③入浴と睡眠
身体の疲れがたまってしまうと、頭皮や髪にもよくありません!!
疲れを細胞レベルで見ると細胞は酸素とエネルギーを使って活動をするのですが、その際、酸素の一部が活性酸素になって出てきます。活動量が増えると活性酸素は増え細胞が壊れていきます。なので疲れをとることはとても大切です。

できるだけお風呂に浸かり、血行促進を促しましょう!血液にはどんな高級な美容液をつけるよりも栄養豊富です(。ゝ∀・)ノ
睡眠は眠り始めて3時間程までの深い眠りの時にたくさんホルモンを分泌します。肌のターンオーバーが促進される事で綺麗な頭皮と毛髪を作ることができます。
しっかりと睡眠をとる事によって免疫力と回復力といった、体調を整える働きが正常に働いてくれます。
健康な身体 = 健康な頭皮、美しい毛髪(´ゝ∀・`)ノシ ・・・です♪