2017.02.13 Monday

市販のカラーとサロンカラーの違いって??

こんにちは!
Edit&池田アシスタントの濱口です!
今日はお客様からよく質問をいただく
「市販のカラーと美容室のカラーの違い」

IMG_6009

について解説したいと思います!

・ホームカラー
素人が使うのが前提で作られています。
そのため、ムラが見えにくい色味など失敗が少ない色設定が基礎になっています。

・サロンカラー
プロが使うのが前提で作られています。
そのため、美容師が提案する色の再現性など、色調の設定がしやすいのが基礎になっています。

<まとめ>
ホームカラーは、トータルバランスは良いが、ダメージ毛には不向き。
失敗がないように低彩度のものが多いので、表現力にかけています。
サロンカラーは、ホームカラーに比べるとお金はかかるが、色表現が豊富で明るくも暗くも綺麗な色が表現できる。
2剤のコントロールによりムラも少なく、ダメージを最小限に抑え、綺麗な色の表現が可能です。