2017.01.31 Tuesday

パーマとヘアカラーの関係性②

みなさんこんにちは!
Edit&緑地店 浅田ナイジェル鉄哉ですm(_ _)m
今回のブログ内容は前回の続きになります♪
「パーマとヘアカラーの関係性②」
をお伝えします(^ν^)

image1

さて!
今回は扱う薬と、それぞれのポイントを
お伝えします!!
結構難しくなるかと思いますがよろしくお願いしますm(_ _)m!!!

image2まずはパーマ1剤の選ぶポイント○

1剤のpH(ペーハー)が高くなると
色落ちしやすくなると思われる事が多いです!

実はですね、、、、逆なんです!!

ヘアカラー剤と近いpHにすればするほど
ヘアカラーの発色に対する影響が少なくなります!

「薬剤を近いpHにすれば両方とも安定し、影響を受けにくくなる」

ということになります!!

いや~難しいですね~笑
このまま行きますよーーー!!!

image3続いてパーマ2剤を選ぶ時のポイント○

2剤には種類があります!
「ヘアカラーの色落ち」を抑える為には、

「過酸化水素系」の2剤を選びましょう!

こちらを使う方が色落ちが少ないです^o^!

さてさて、、、何故でしょうか??
気になりますね~!!
実は簡単な事なんです(^ν^)
お伝えします!!!

「ヘアカラーの2剤には過酸化水素」が使用されてます。。。

これだけです笑
そうです!似ている薬剤を使うと、
色落ちがかなり少なくなるんですm(_ _)m!!

○まとめますと○

パーマ剤の1剤2剤は
「ヘアカラー剤に近いもの、似ているもの」
を使う事により、色落ちがかなり少なくなります( ´ ▽ ` )♪

シンプルです!
似てるの使って色落ち防ぎましょう笑

image4
image5

結構難しくなりましたが、、、、
この知識に関しては私たちがしっかりと
考えて選び、お客様一人一人に合うものを
選び使いますm(_ _)m。。

なので安心して、バシバシ相談してください♪

今回の内容は前回の

「パーマとヘアカラーの関係性①」より
かなり難しかったですが、こういった内容も
お伝えしたかったのでお伝えさせて頂きました!!!

一人一人としっかりと

「会話のキャッチボール」をして、
最っっ高の「パーマとヘアカラー」で

かっこよく!
綺麗に!

なりましょーーーーーーー(^ω^)