2016.10.30 Sunday

美しさとは?の巻

どうもこんにちわ!

川西の夏の魔物、うらたです。

夜は肌寒くなってきましたね。

 

さて、先日お客様とお話しているときの会話です。

 

うらた 「お肌きれいですね」

お客様 「もう若くないから」

 

と、お客様はもう諦めているから的なことを仰っていました。

 

「そんなことないですよ~」と、僕は、言いませんでした!

 

なぜか?

 

僕はそのお客様のシワが綺麗だと思ったからです。

確かに、若さは美しいです。

その対極にある老いは美しくない、ということになりますか。

しかし、美しさを測る基準は「若さ」だけではないですよね。

日本には古来よりワビ・サビという概念や「虫愛づる姫君」に代表されるような他とは違う個性をとりたてる文化がありますね。

そのように考えを改めれば、美しさとは自分自身の気持ち次第でいか様にも自信をもっていいものであると思いませんか?

 

僕は、例えば、年齢に応じた美しさやかっこよさの種類があると思っています。

ハリウッド俳優の男性などは、20代でも作品に応じて、迫力を出すためにワザとシワを入れている人もいるとかいないとか。

 

結局、

気にしたら負け!

 

かつて、アメリカ初代大統領であったリンカーンが言いました。

「自信をもって人生を歩んできたかどうかは顔に刻まれている」

 

とね。

 

だから自分が気持ちいいと思うことをやってください。

誰になんと言われようが、コスパが悪かろうが、

自分の感覚を信じてください。

 

ああなりたい。こうなりたい。

ありますよね。

イメージに近づくお手伝いならナンボでもさせていただきます。

 

さあて、グッドルキングのみんなならどうする?

 

 

https://www.facebook.com/EditandKAWANISHImens

↑フェイスブックは、こちらです.

 

http://www.r-royal.com/

↑ホームページは、こちらです。