Jessica NISHINOMIYA


2016.09.15 Thursday

自分で前髪カットの仕方教えちゃいます♪♪

本日のお悩み相談はジェシカ西宮店関本が投稿させていただきます!
今回は前髪を自分でカットしてみよう‼️のコーナーです。
皆さん、前髪くらい自分で切りたいけど不器用だから上手に切る自信がない・・・と悩んでいませんか?不器用さんでも失敗しない、オススメの前髪の切り方を伝授します。
‼️用意するもの‼️

ハサミ

セニングシザー〔すきばさみ〕

ダッカール

テーツコーム〔クシ〕

家に持ってるハサミでいいの?

はい大丈夫です‼️

でも、なるべくなら100均の安物のハサミではなく、ある程度よいものでカットしましょう。その方が、仕上がりがキレイになります。1000円位のでいいですよ。
クシで前髪をきれいにとかすことで1本1本の髪の毛が整い、カットがしやすい状態になります。ダッカールは、サイドの髪を間違えて切ってしまわないために欠かせません。

切るときは必ず乾いた髪で!
自分で前髪を切ったときのありがちな失敗は、切り過ぎてしまうこと。
実は髪が濡れた状態だと、乾いた髪よりも少し長くなってしまいます。濡れた状態ではちょうどよい長さでも、乾いてしまうと切り過ぎの状態で思ってたよりも短くなっちゃいます・・・。
自分で前髪を切る場合は、必ず乾いた状態で切るようにしましょう。

前髪とサイドの髪の毛を分けるのを忘れないで
自分で切ると前髪のサイドの髪もいっしょに切ってしまうことも、やりがちな失敗。

サイドの髪を切ることをふせいだり、前髪の量を決めたりするのにブロッキングは欠かせません。髪の分け目を三角形の頂点を考えて、サイドの髪をクシでとかして、ヘアクリップでブロッキングしましょう。分け目をクシの柄のの先でとかすように髪をさいていくのが、ブロッキングを成功させるポイントです。

ハサミは縦にして少しずつ切ろう
ほんの少しだけ切るつもりが、ハサミを横に入れたことで、思いのほかバッサリ切ってしまうことにつながります。切り過ぎを防ぐためにも、ハサミは必ず縦にして、少しずつ切っていきましょう。そうすることで、髪の微調整もしやすく自然な仕上がりの前髪になります。
上手に切るポイントは、前髪をもちあげてハサミを縦にして、鏡を見ながらちょっとずつきることです。

切り終えたら笑顔で鏡を見る
笑顔で鏡を見る事によってちょっとくらい切り過ぎていても可愛く見えるものです^ ^


是非みなさんチャレンジしてみて下さい。
どうしても無理❗️怖いという方は、前髪だけでも切りに来てくださいね〜^_^