2016.08.27 Saturday

ユニバーサルマナー検定

今日は今年から我が社が取り組みだした
ユニバーサルマナー検定について
皆さんに少しでも知っていただきたくて
いつもとすこーし違ったブログとなっております( ˆoˆ )/
umt3

ユニバーサルマナーとは…

自分とは違う誰かのことを思いやり

適切な理解のもと、行動すること

難しいことではないのです!
特別な知識や高度な技術が必要なわけではありません!
ユニバーサルマナーは、障害者の方や高齢者の方に限ったことではなく、ベビーカーを押しているお母さんや、外国の方など《自分とは違う誰か》の視点にたって行動するというマナー、心づかいなのです!

いまの日本には…

高齢者 3300万人(人口の26%)

障害者 788万人(人口の6%)

3歳未満 315万人(人口の2%)

計34%のユニバーサルマナーを必要とする方々がいます!

環境や設備をかえるにはスペースや時間、費用など様々なものが必要で、すぐに対応するのは難しい世の中で、サービスや向き合い方は真っ先にかえていけることなのです!

ハードはかえられなくても

ハートは今すぐかえられる!

でも、いざ助けを求めているであろう人や、困っていそうな人をみつけたとき、すぐ声をかけれず、どう声をかけていいのかわからず、そのままで何もできないで終わってしまった経験がある方も少なくないと思います!
またやりすぎてしまっておせっかいな領域になってしまっている人もいるかもしれません。
無関心ではなく、過剰にもなりすぎず、さりげない配慮ができるよう、ユニバーサルマナー検定の中で基本姿勢や心得を教えてくれるのです!
そんなユニバーサルマナー検定を、先日は52名のスタッフがうけました!
まだまだ始まったばかりではありますが、少しづつユニバーサルマナーの輪が広げていきたいと思います!!!
umt1
是非、これを読んでくださった方も、ユニバーサルマナーについて調べてみてください( ˆˆ )
umt2