2016.07.31 Sunday

パーマのウェーブをキレイにする作り方

湿気や汗ばむ季節

ヘアスタイルが崩れやすい

スタイリング上手くいかなったりと大変です。

こんな季節にオススメなのがウェーブスタイル

4ff824f27a829153afc4104369290722

コテやブローのスタイルは湿気や汗に弱いです。

ウェーブスタイルはスタイリング剤をつけるだけでいいので

朝のスタイリングが手早くでき 崩れにくいです。

湿気や汗で崩れても 日中の手直しが簡単にできます。

でもスタイリング剤を上手くつける事ができない

そんな方にスタイリング剤を上手くつける方法を紹介します。

大事なのはスタイリング剤の種類

ジュカーラ画像

ウェーブを作るスタイリング剤として

ムースタイプ クリームタイプ ジェルタイプ

などがあります。

・比較的つけやすいのはムースタイプ

泡状なので髪全体に浸透しやすいのでつけやすいです。

・ジェルタイプはハードな質感

ウェットなスタイルに仕上げる時に良いです。

・オススメはクリームタイプ

自然でやわらかいウェーブスタイルが作れます。

ソフト~ハード         質感のレベル選びが重要

髪が長いと滑りの良い柔らかいタイプを         使用する事が多いと思います。

柔らかいタイプのものは比較的 油分が多いので    湿気が多くや汗ばむ季節だと             べたついたり、ペタンコになり             スタイリングが崩れやすくなります。           冬場の空気が乾燥する季節には良いです。

夏のスタイリング剤はちょっとハードなもので

汗や湿気に強いのでスタイリングの持ちが良いです。

ハードなスタイリング剤はつけにくい・・・

ハードなものは 手の平ですぐに固まって       髪全体に伸ばしにくいです。             結果つけすぎてしまい かたいウェーブになったりします。

ハードなスタイリング剤をつけやすくする方法

クリームを手の平でお水でといて使ってください。     伸びやすく 使いすぎることもないです。

霧吹き画像

スタイリング剤はあまり大量にはつけたくないものです。  ハードなものでもお水でとけば            柔らかいウェーブに仕上がり             べたつかず1日スタイルが持続できます。

季節に合わせてスタイリング剤を選んで下さい。