2016.07.11 Monday

汗をかくと頭皮に悪いの?

image

 

暑いですね^^;

汗が止まらない日々が続いております^^;

汗をかくと頭皮に悪い、薄毛になるという話をよく聞きます。

それは少し違って汗は悪くなく、汗を放置するのがよくないのです(^ ^)

汗を多くかくと薄毛になるかもと感じている人は毛穴から汗が出ると勘違いしてしまいますが、実際に汗は毛が生えている毛穴とは違う汗孔という別の穴から出ているので汗と一緒に細くなった毛が出ていくわけではありません(^ ^)

実際に汗孔は毛穴のようにはっきり肉眼で見えるものではないので勘違いしやすいのですが、汗孔出た汗が毛穴など皮膚を通って目に見える形になってきます。

そのため、大量の汗と一緒に細い毛が抜けるということはありません!

では具体的にどう悪影響なのかというと

1、毛穴につまる

汗は新陳代謝を活性化させて古い角質をはがすので、古い角質が汗とともに流れたり、日中に付いたほこりや整髪料が流されて毛穴に詰まってしまうことが考えられます。

汗だけであれば詰まるということはほとんどないのですが、古い角質やほこり、整髪剤、皮脂が混ざり合うことで粘着性のある汗になってしまうため毛穴にとどまりやすくなってしまうんです。

2、菌が増える
頭皮には真菌(カビ)や雑菌が常在しておりその影響を防ぐために頭皮はph5.2~5.8bの弱酸性の状態で繁殖を防いでいるのですが、汗とまじりあうことによって弱アルカリ性に変化して真菌(カビ)や雑菌が繁殖しやすい状況になります。

その状態を1日以上放置しておくと真菌(カビ)や雑菌が大量に発生してしまい、頭皮のphのバランスが崩れてかゆみや毛根を弱めるなどの抜け毛や薄毛の原因につながります。

これらの悪影響を受けないためにも必ずシャンプーして、乾かしてから寝ましょう!!image