2016.07.05 Tuesday

チアシードって何?

チア・タイトル

pi

ただいまグラナダでは弊社の46周年イベントでアニバーサリーメニューをしてます( ´ ▽ ` )ノ

 

そのメニューの中にチアシードドリンクの試飲もあります!

チアシードって名前は聞いたことあるけど、何が良くて何の効果があるのか、そもそもなんなのかって方もいらっしゃると思うのでチアシードの素晴らしさをお伝えしようと思います( ´ ▽ ` )ノ

チアシードは「チア」というシソ科の植物の種です。チア自体は紫や白の花を咲かせる植物ですが、栽培は種子、つまりチアシードをとるために行われている場合がほとんどです。 チアシードの一番の特徴は、とにかくよく水分を吸収してくれるという性質にあります。水分につけて10分ほどおくと、チアシードが水分を吸い込んで、周辺をゼリー状に変化させるのです。このときにチアシードは「グルコマンナン」というこんにゃくにも含まれる成分を作っています!

チアシードが優秀な食品とされる理由は、栄養価の高さにあります。

「人の生命維持にはチアシードと水があればよい」という言葉まであるそうですから、期待は高まりますよね^_^

特に豊富に含まれているのは、たんぱく質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)、ビタミンB、食物繊維、α-リノレン酸など。 これらの成分のなかで、特に注目すべきものをあげてみたいと思います。
α−リノレン酸
α−リノレン酸には、皮膚のしわやたるみを予防してくれる、細胞を守りアンチエイジングに役立つ、アレルギー症状を緩和してくれるほど、うれしい作用がたくさんあります。 チアシードは大さじ一杯で、一日に必要な摂取基準を充分に満たす量をとることができます。自然界にある食べ物のなかで、これはトップクラスの含有量であると言えます( ´ ▽ ` )ノ

食物繊維
食物繊維は、女性なら注目する人も多い成分ですよね。消化されにくい成分であり腹持ちがよいこと、余分な脂肪をくっつけて体外に排出してくれることなどからダイエットには必須の成分です。 チアシードは大さじ一杯で約4gの食物繊維をとることができますが、これは同じく食物繊維が多いと言われる玄米と比べても、なんと8倍の量ということになります!

スムージーやスープに混ぜたりするのも流行ってます( ´ ▽ ` )ノ

image

グラナダにきて体の中からキレイになりましょー!!