2016.06.24 Friday

顔剃りでお悩みの方に

 

顔そりでお悩みの方に。。。

image

顔そりをする必要とは

毎日顔を剃る方もいれば、2日1回、ヒゲの薄い方なら一週間に1回という方もいらっしゃるみたいですね。

顔剃りをするとヒゲが無くなるだけじゃyなく要らない角質や皮脂汚れを取り除いて細菌の感染を防いでくれたりニキビの発生を抑えてくれたりします。

ただし、正しい顔剃りをしないと効果がありません。

 

正しい顔そりとは。

サロンで施術する時は、ラザーリング⇒スチーミング⇒シェービング⇒保湿という行程ですが家ではなかなか出来ないですよね。。。

 

家では家の剃り方があります。

まずは顔を予洗いしてホコリや皮脂などの大まかな汚れををおとしておきます。

この時にたっぷりとお湯をかけてすすぐことで肌やヒゲに水分が浸透して肌へのダメージが軽減されます。
次に、石鹸(できればフォームウォッシュなど刺激の少ないものや洗顔フォームなどのしっかり泡立つもの)でヒゲがある部分に泡を馴染ませます。

これは石鹸のアルカリ成分がヒゲの弱酸性に反応してヒゲを柔らかくしてくれる効果があります。

次にカミソリ(T字カミソリで充分)でそっていくのですが、最初は上から下に向かって剃って行きます。肌を傷めない為です。
ザラザラ感が残るのでお湯を手に取りヒゲを肌からだすように軽く滑らせながら下から上に剃りあげます。
そのあと、たっぷりのお湯でヒゲと残った泡を洗い流せば完了です。

化粧水、乳液の必要性

顔そりをした直後はとても乾燥します。

水分は保湿をしてくれます。と同時に気化するときに肌の水分を奪ってしまう特性があるからです。
そのままにしておくとシワやシミの原因になるのと、肌自身の防御力も下がってしまうので細菌の感染にも繋がります。

まず、軽くすすいだ肌表面の水分をタオルでとってあげて毛穴が開いた状態で化粧水を馴染ませます。

この時に手のひらで軽く圧をかけてあげるのもいいです。

化粧水は肌の細胞の奥まで浸透できるのですが、そのままにしておくと蒸発して結局乾燥してしまいます。

蒸発させない為に乳液を薄く肌表面に馴染ませると化粧水の蒸発を防いでくれるだけではなく外敵ダメージ(紫外線、細菌感染)からを守ってくれます。

(女性用化粧品と男性用化粧品の違い。)

ここからは追記ですが、女性用化粧品と男性用化粧品の違いは油分と水分の配合量の違いだけです。

女性の肌は水分が多く油分が少ないので乳液をつけすぎるとベタついたりテカリが目立ったりします。

男性の肌は油分が多く水分が少ないので化粧水だけでは肌の防御反応が起こり油を出して補おうとします。

出来れば男性用の化粧品を使っていただきたいです!

正しい顔剃りをして[かっこいい]を手に入れましょう(^^)