2016.06.16 Thursday

ドライヤーの温風と冷風の違い

みなさん、ドライヤーには温風と冷風があるのはご存知でしょうか?

 

たくさんの方々が温風のみで乾かしてるのではないですか?

なんで冷風のスイッチがあるのか。必要だからあるのです!

 

ただみなさん使い方がわからないから使わないのです。

 

いや!

僕たち美容師がお客様に使い方を伝えきれなかっただけなんです!

この場をお借りして使い方、効果をご説明させていただきます。

image

 

まずは効果を説明していきます。

 

温風

熱をかけて乾かすことによって髪の毛の形状を変えてくれます。

あとは短時間で乾きます。

 

冷風

温風とは逆で髪の毛は冷えることで形が固まっていきます。

あとキューティクルを引き締める効果もあります。

 

簡単に書きましたが、まずはこの違いを覚えましょう。

 

次に使い方

 

まずはタオルで濡れてる髪の毛を拭きましょう。

次にドライヤーの出番です!

根元を乾かすイメージで温風を当てていただき、ある程度根元が乾きましたら、中間毛先をまとめたいイメージで乾かします、ここで髪の毛の形が変わっていきます。

8割ほど乾いてきましたら冷風を使い、キューティクルの状態を整えていきます。これをすることによってツヤ感がでてきます。

ツヤがでましたら完成です!

 

さぁみなさん Let’s Try!