2016.05.11 Wednesday

掃除と理容

梅田No.1メンズサロン ロイヤルマン茶屋町店 です!!! 掃除能力検定士5級に挑戦中?の永吉です!!!

掃除能力検定士5級は 戸建住宅、アパート・マンション等の私的空間の各部位・場所の掃除方法を基礎から学習します。

内容はどなたでも知っている、どなたでも経験のある掃除についての基本中の基本です。

掃除の6大要素

・汚れを知る 素材・建材に付着した汚れの性質・特性を知る。

・材質を知る 素材・建材の材質を知る。 材質を傷めないで汚れを除去する方法を選択。

・化学の力を選択(洗剤) 汚れを除去する為に洗剤等の化学力を使う。

・物理の力を選択 汚れを除去する為に用具等の物理の力を使う。

・保護膜を活用(ワックス) 汚れの再付着を防ぐ為にワックス等の保護膜を使う。

・作業手順を決める 洗剤・用具・機械を組み合わせ掃除作業計画を決める。

以上が掃除の6大要素です。 確かに、当たり前と言えば当たり前な事ばかりです。

 

 

IMG_1446

 

 

 

どんな汚れがあるのでしょう?

 

 

汚れの種類は

・水に溶ける水溶性の汚れ。

・水に溶けない油脂性の汚れ。

・水にも油にも溶けない不溶性の汚れ。

・血液やサビ等の特殊な汚れ。

の4種類に分けられます。

汚れの付着状態でも

・汚れが軽くついてる状態。

・時間が経過し汚れが固着・浸透してる状態。

・汚れと素材が一体化してる状態。

の3種類に分けられます。 汚れの種類や付着状態によって、 洗剤や落とし方が違ってきます。 これも当たり前と言えば当たり前です。

IMG_3941

 

 

 

 

 

 

どんな材質があるでしょう?

 

 

建築素材は多岐にわたる為 ここでは、大きく7種類に分類されます。

・繊維、紙、たたみ ・プラスチック ・金属 ・石材 ・ガラス ・木材 ・タイル、陶器、ホーロー 材質の特性を認識した上で、効果的な汚れの除去方法と 変色、腐食、欠落、破損などか発生しない方法を選択する必要があります。

IMG_2764

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、上記の条件に合う洗剤を選択し、 上記の条件に合う方法でそうじを行います。 実際に作業を計画して、お店を掃除してみようと思います。

 

IMG_8194